ホットヨガ

ホットヨガは初心者や体の硬い方でも安全に取り組めるヨガです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットヨガの注意

ホットヨガは、室温38℃から40℃、湿度60%~65%の室内で行なうヨガのことです。その高温多湿の室内でヨガを行なうことにより、筋肉や関節が柔らかくなり、ケガを防ぎ、初心者やカラダの硬い方でも、安全にポージングができ、ヨガに取り組むことができます。
このホットヨガは、そんな高温多湿の室内で運動をするので、大量の汗をかきます。体内の老廃物が排泄されるので、便秘、冷え性、むくみ、肩こり、整理痛、肌荒れなどの改善が期待できるデトックス効果があり、運動不足解消はもちろん、現代人の寝不足などの原因であるストレス解消にも効果的です。
地域のカルチャースクールでもホットヨガ講座が開講されていますので、割と安く気軽にはじめられるホットヨガですが、高温多湿な室内作りが難しいと思われがちです。しかし、夏場なら、しばらく窓を閉め切れば、その高温多湿状態を作り出すことは可能なので、その室内で、書店で販売されている雑誌や本を参考に60~90分間ポーズを取れば、自宅でも気軽に取り組めます。大量の汗で失われた水分をこまめに補給することで、新陳代謝も促進されます。
このホットヨガをすると、想像以上に汗をかくので、水分補給を怠ると、脱水症状、熱中症、酸欠の原因になります。食後に行なうと吐いてしまう場合もあるので、食後3~4時間あけてから、取り組むようにしてください。あとヨガの基本は腹式呼吸です。口から大きく息を吐き、鼻から吸うようにしてください。メガネは発汗時に邪魔になるだけでなります。難しいポーズをするときにはケガの原因にもなりえるので、メガネは、はずし、足もとがすべる靴下も脱ぎましょう。


⇒ ダイエット運動

スポンサーサイト

ホットヨガとヨガの違い

ホットヨガとヨガって何が違うんでしょうか。実は、その違いがホットヨガのキモであるホットな部分、温度なのです。室温を38℃から40℃、湿度を60%から65%の環境下で行なうのがホットヨガ。その温度が実は、最も筋肉が柔らかくなる温度で、ケガをしにくいという利点があるのです。
このホットヨガは、そんな高温多湿の室内で運動をするので、大量の汗をかきます。体内の老廃物が排泄されるので、便秘、冷え性、むくみ、肩こり、整理痛、肌荒れなどの改善が期待できるデトックス効果があり、運動不足解消はもちろん、現代人の寝不足などの原因であるストレス解消にも効果的です。
最近では、地域のカルチャースクールなどでも、ホットヨガ講座などが開講されていますが、夏であれば、しばらく窓を閉め切れば、その高温多湿状態は作り出せるので、雑誌や本などで紹介しているようなファンヒーターや保湿器は必要ありません。そこで、書店で販売されている雑誌や本を参考に60分から90分、ポーズを取れば、ホットヨガは自宅でも行なうことは可能です。水分補給をこまめに行い、新陳代謝を促がしましょう。
想像以上に発汗作用がすごいのがホットヨガはです。こまめに水分補給することを忘れないようにしましょう。脱水症状、熱中症、酸欠の原因になりえます。食後は3~4時間あけないと嘔吐の原因にもなります。メガネや靴下は難しいポーズをするときには、ケガの原因になるので、着用しないようにしてください。


⇒ ダイエット・エクササイズ

テーマ:ヨガ・ピラテス☆ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ホットヨガとは

ホットヨガというのは、蒸し暑い部屋で行なうヨガのことで、室内を室温38℃、湿度65%の状態にすることで、筋肉や関節がもっとも柔らかくなります。それにより、ヨガ本来の難しいポーズがとりやすいだけでなく、ケガ対策にもなります。それがヨガとの大きな違いであり、ホットヨガの特徴です。
今話題のデトックス効果とは、体内の老廃物を排泄する解毒効果という意味ですが、ホットヨガは高温多湿の室内でヨガに取り組むことで、大量の汗をかくので、そのデトックス効果があります。それにより便秘、冷え性、むくみ、肩こり、整理痛、肌荒れなどが改善されやすくなり、現代人特有の運動不足解消、寝不足などの原因でもあるストレス解消にも効果があります。
地域のカルチャースクールでもホットヨガ講座が開講されていますので、割と安く気軽にはじめられるホットヨガですが、高温多湿な室内作りが難しいと思われがちです。しかし、夏場なら、しばらく窓を閉め切れば、その高温多湿状態を作り出すことは可能なので、その室内で、書店で販売されている雑誌や本を参考に60~90分間ポーズを取れば、自宅でも気軽に取り組めます。大量の汗で失われた水分をこまめに補給することで、新陳代謝も促進されます。
脱水症状、熱中症、酸欠が、ホットヨガにおいて問題になったことがあるので、こまめな水分補給を怠らないようにしましょう。想像以上に汗をかくため、食後は3~4時間あけないと吐いてしまう場合もあります。難しいポーズをするとき、メガネや靴下はケガの原因になるので、着用しないようにしましょう。


⇒ ダイエット・ストレッチ

テーマ:ヨガで元気 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。